メニュー&価格

病院・クリニックの撮影

  • LINEで送る

プロカメラマンによる病院・クリニック撮影
病院の顔となる写真・動画を撮影します

ホームページやパンフレットでの病院案内、求人用のイメージ写真、先生のプロフィール写真等、プロカメラマンが撮影した写真は確実にブランディングに結びつきます。

病院・クリニック撮影の流れ

撮影前:
対面・メール・オンラインミーティング(zoom)にて十分なヒアリングをいたします。近づけたいイメージ・使用用途を共有することにより、当日スムーズな撮影が可能になり、イメージ通りの撮影をすることができます。必要カットの確認を行い、レジュメを作成いたします。必要があれば事前に直接お伺いし、ロケハンすることもあります。

撮影当日事前準備:
病院・クリニック内の掃除、片付けは事前準備として徹底していただくことをお願いいたします。書類や時計、カレンダー、ゴミ箱などは事前に片付けていただいたほうがよりスッキリした仕上がりになります。

撮影準備:
カメラマンが到着しましたら、撮影の流れの確認、ライティングやカメラの準備に少々お時間をいただきます。

撮影:
ヒアリングの内容を反映したレジュメを元に、1カットずつ確実に丁寧に撮影いたします。撮影枚数に制限はありません。
一度の出張撮影で外観・内観などの施設写真、院長・スタッフ様のビジネス用プロフィール写真、診察・問診風景、備品、各種イメージカットをまとめて撮ることが可能です。
一般的な病院・クリニックの案内用写真であれば、2時間である程度撮影することができます。病院のホームページ用写真と求人用写真をセットで撮影するなど、必要カットが多い場合には、余裕を持った撮影時間のスケジュールをお願いいたします。

撮影後:
写真→担当カメラマンが写真データを一枚ずつ丁寧に調整して仕上げ、納品いたします。納期の目安は撮影後約1週間です。お急ぎの場合にはご相談ください(別途料金)。
動画→担当ビデオグラファーが映像データを丁寧に制作、納品いたします。納期の目安は撮影後約1ヶ月です。お急ぎの場合にはご相談ください(別途料金)。

 

利用媒体例: ホームページ(ウェブサイト) / パンフレット /チラシ

総合病院 / クリニック / 歯科 / 眼科 / 外科 / 内科 / 耳鼻科/整形外科/薬局 / 看護学校 /動物病院などの撮影の実績がございます。

 

出張撮影前に「何を撮るか」を明確化する

病院・クリニックのホームページやパンフレットといった写真撮影の場合、まず「どのコンテンツの中にどのような写真を入れたいか」ということを事前にまとめていただくことが非常に大切になります。
特にクリニックさんに関しましては開院直後での撮影依頼を多く頂いています。開院直後であれば「とりあえずきれいなうちにクリニックの写真をたくさん撮影しておきたい」と思われる方も多いのではないかと思います。
それらの場合でも、今後展開されるホームページやパンフレット等に活用できるよう、イメージを膨らませておくと、それらの広報物を作る段階になられたときに、必要なものが足りずに再度撮り直すことも少なくなります。

例えば、院長様の挨拶ページには「院長のポートレート」が必要なので、
・生活感のある白背景での人物写真
・診察室でどっしりと構える、椅子に座って威厳のある人物写真

これら2つのパターンは最低撮影したい、ということでしたり。

求人ページに掲載することになる写真としてスタッフさんの事務処理の様子の写真やパソコンのキーボードを打っているイメージカットなど、全体的に明るく清潔感・透明感がある感じに…と言った具合です。

撮影当日までに撮影したい写真の撮影リストを作っておきましょう。
もちろんここまで詳細に決めなくても「院長の写真」「院長のインタビュー写真」「スタッフ全員の集合写真」「病院の内観・外観」といった情報だけでも、撮影当日それらのリストを確認し、カメラマンが撮影の流れを組み立てることができます。

看護学校の学生

ホームページやパンフレットのデザイン案をカメラマンに共有する

薬局 写真撮影

先程の話の続きとはなりますが、例えばホームページをリニューアルするために写真撮影が必要…という場合ですと、ホームページ制作会社さんから制作途中の仮デザインが届いているかと思います。
もし撮影日までに仮デザインが共有されていない場合でも近づけたいイメージや今までのホームページのURLをカメラマンに事前に共有し「それらとイメージとしては近いものにしたい」といった情報だけでも撮影当日のライティングに反映することができます。
・背景をぼかして明るく爽やかな写真にしたい
・ポートレートでは影を作って、かっこいい写真にしたい

など、ぼんやりとしたものがあると思います。
これらのイメージだけでも、照明の準備は大きく変わってきます。

写真の使用目的を明確にする

「とにかくたくさん撮りたい」というのと「じっくりいいものを撮りたい」というだけでも、撮り方のスタイルは決まってきます。

大きな病院様からですととなりますと、スタッフ証やプレゼンテーションで使用する為のスタッフ様のポートレートを、数百人単位で撮影させていただくことがあります。
その際「どのくらい時間がかかるか」という質問を受けることが多くあるのですが、これは一言では何とも言えません。

会議室などの白壁を利用し、照明とカメラの位置を固定で次々と撮るのであれば、撮影→確認まで一人あたり2〜5分もあれば完了します(正面と左右を向いたものですね)。
しかし、「一人ずつ違う構図で、背景やライトも変えていきたい」となりますと、照明を移動させたり、その場を片付けたり…と言った流れを考えますと早くとも一人あたり15分程度は必要になるでしょう。フロアが離れていれば、移動時間も必要になります。

写真の使用目的を明確にし、事前にカメラマンに伝えておくことで、当日の撮影のセッティングもスムーズに行えより良い写真が撮れます。

歯医者 ホームページ用写真

写る場所は掃除・片付けを徹底する

手術室の施設写真

写真というのは、本来「見せたくないもの」「写したくないもの」が肉眼で見るよりも目立つことがあります。
病院の案内写真となりますと、問診室や施術室、待合室での撮影があるかと思いますが、
・飲みかけのペットボトル
・山積みの書類(個人情報の記載のあるものも)
・キャラクターグッズ(キャラクターグッズなどの版権物は映らないほうが良いでしょう。また自社の広告なども代理店やタレント事務所などの契約上写さないほうが良い事が多いです(契約の露出期間が終わり次第その広告物は使えなくなるなどの理由から))
・時計やカレンダーなど季節や撮影の時間がわかるもの
これらを事前に外していただいたほうがよりスッキリします。

椅子にかけてあるジャケットやゴミ箱、消火器なども外したほうが綺麗にうつります。これらは事前準備が可能な時間と相談して、調整するのが良いでしょう。

 

connect to ジェイズワークス お得情報をGET!

【無料】ジェイズワークス LINE@



  • デジタルマーケティングの豆知識

  • LINE@友達限定!割引クーポン発行

  • LINE@先行告知&予約

  • オススメ情報


などお得でうれしい情報を配信中です。



↑ バナーをクリック

   または

↓ QRコードを読み込んでください


登録は無料で簡単です、ぜひご登録お願いします。


 


LINE@で友達登録する

About J’z WORKS

横浜みなとみらい出張撮影のJ’z WORKS(ジェイズワークス)です。

女性カメラマンが横浜を中心に日本全国出張いたします!

"Life Memory Photographer" この世に生を受けてから終えるまで、一生を通してあなたの思い出に残る1枚を撮影します。

女性起業家、サロネーゼの先生方には
「あなたらしい1枚で売れる」
「憧れられる先生になる」
プロフィール写真、セミナー撮影、サロン撮影、お教室撮影、各種イメージ写真をお撮りしてご好評いただいております。

コメントを残す

*